HOME > コラム : 理事会の機能
メインアイキャッチ画像

理事会の機能

2021年06月23日

理事会は、以下3つの機能がある。

(1)管理組合の業務執行の決定

マンションでは総会において管理規約が定められ、また、基本的事項が決議されるので、管理規約と総会で決定された基本的事項について、理事会で具体的にどのようにして管理業務を行っていくのかを決める。

(2)理事長などの職務執行の監督

理事会は会議を行って物事を決定する場であって、そこでの決議は、管理費・修繕積立金を徴収し、管理会社や工事業者などの外部の取引先に管理業務や修繕を依頼したり、あるいは、マンション内で迷惑行為を行う者に注意を与えるなどの業務執行によって実現される。業務執行を決定するだけでなく理事長や担当理事によって業務執行が適切に行われているかどうかを監視し、監督することも理事会の機能である。

(3)各理事の担当職の選任

管理組合の業務は、多岐にわたり、しかも専門的である。多くの理事は他に職を持ち、管理組合の仕事をそのかたわらで行う。加えて、一部の理事に権限や業務を集中させるのではなく、理事の間でもそれぞれが業務を適正に行っていることを確認し、けん制することも必要である。そのため、理事は責任職務を分担し、それぞれに割り当てられた業務を行うものとされている。


ページTOPへ