HOME > 新着情報 : 窓サッシ改修工事に対する補助金制度について
メインアイキャッチ画像

窓サッシ改修工事に対する補助金制度について

2016年08月14日

 

本補助金は、住宅の省エネ化を図るリノベーションを促進するために、省エネ性能が高い建材(ガラス、窓、断熱材)を用いた断熱改修を支援する制度で、国庫補助金などの公的資金を財源としています。正式名称は、「住宅省エネリノベーション促進事業」と呼ばれ、経済産業省資源エネルギー庁が管轄し、一般社団法人環境共創イニシアチブ(以下、SII)が窓口となっています。

本事業の概要は次のとおりです。

原則、マンション全戸の窓を改修すること、改修住戸に常時居住する住民がいること、住宅全体の一次エネルギー消費量の15%以上の削減が見込まれること、SIIが定める性能要件等を満たす製品を使用して改修を行うこと、公募期間中に補助金の交付申請を行い、SIIから通知される交付決定日以降に改修工事の契約・着工を行うこと、補助対象費用は、材料費と工事費のみで共通仮設費等は含まない、補助金の上限額は、補助対象費用の3分の1または150万円のいずれか低い金額となる。現在四次公募を実施中(8月31 日まで)、交付申請書の審査・選考について、マンションの場合は到着順とせず、申請期間内に到着した申請分は、要件の不適合、書類の不備等がない限り全て審査・選考対象とし、審査委員会において審査・選考を行い、省エネルギー率当たりの事業単価及び補助対象金額の小さい案件を上位とする。

本事業の概要は以上です。

詳細はSIIの運営サイトに掲載されている「公募要領」をご確認ください。

なお、申請者は、申請について、第三者(施工業者等)に依頼することができます。本事業の申請書類は非常に多く、書類に不備があれば、申請は受け付けられず、再度書類を揃えたうえで申請となるため、申請実績のある第三者の活用をお勧めします。

また、こうした国の事業は、あらかじめ国会の承認を得た予算に沿って推進されます。したがって、毎年継続的に執行されるとは限りませんので、ご注意ください。


ページTOPへ